カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

ショップ 294 何の店?

子どもたちにとって楽しく遊べて、成長を促すことができる感覚統合遊具や運動器具・音楽療法教材を紹介しています。

 

のれた うごいた まわった!(^−^)

ter3.jpg   ter2.jpg
新しくスクーターボードがやってきました。

スタッフの背中に乗って一緒に走らせたり、
スタッフが乗ってクルクル楽しそうに笑っているのを見ていたら、
子どもは乗ることができていました。(^−^)

これは感覚統合の視点から見ても簡単なことではありません(伸展と屈曲の協調運動)

ひとりで腹ばいでボードの上に乗るところから子どものチャレンジが始まります。
何度か一緒に転んだり、足をぶつけながら乗りこなすことを覚えていきました。
いっぱい笑いながらコツをつかみました。


「やらせる」では決してなく、信頼関係(大人も子どもを信頼する関係)の中で共に歩んで、
そしてやったことをただ褒めるのではなくて、その喜びを心から分かち合うことで
子どもは学び成長するのだと思います。

できる遊びが増えたことで、これが生活につながっていけばいいですね。

ter1.jpg

プールあそび

この日はウッドデッキに、プールとトランポリンを広げて水遊びです♪

はじめは水の中にすわれなかった男の子も遊んでいるうちに、「ちゃぷん」とおしりが着けました。(^−^)
ゴム手袋に水を入れてプヨプヨと「おいでおいで」をすると、手を伸ばしてその感触を楽しんでいます。

スタッフとの遊びの中から、一緒に笑顔で過ごす中から、子どもたちは知らないうちに苦手や、初めての体験を乗り越えていくようです。

プールに浸かったあとは、ぬれたままトランポリンで一緒に跳んで遊びました♫


キケンな武器が男の子の手に渡ってしまいました。
スタッフのいるところを上手にねらって水をかけています。(^−^)

春が来たので感覚をフルに使って外遊び

トランポリンで遊んだあとは、お外にテーブルとイスを出して楽しい昼食です。
今日のデイサービスの取り組みは「おでかけ」で、歩いて図書館に行くこと。

歩くときに注意することと、図書館で注意することを確認して出発です。
30分ほど歩いて到着した図書館では、とても静かに本を読むことができました。

みんなで相談して、隣の公園で遊ぶことにしました。
すべり台や、ターザンロープで体をいっぱい動かしました。
スピード感を楽しんだり、遊具と自分との間で力加減をコントロールしながら元気に遊びます。
スタッフも「こんなこわいところ私は登れないよ〜」と、わざと演技をすると、「こんなの怖くないよ〜」と慣れない遊具にもチャレンジしてくれます。(^−^)

ぽかぽか春の日は、お外での活動が一番♪

かり2

かり3

かり1

第1回「日本ことば療法学会」

大阪で「日本ことば療法学会」が開催されました。
そこで「ショップ294」で取り扱っている製品の展示を行いました。

この学会の「目的」を見てみると…

『当学会は障害児・者のことばの療法を調査・研究、発表、実践を通して療法の普及並びに増進を図り、障害児・者のことばの獲得、言葉によるコミュニケーショ ン能力を高めることを目的とする。』と書かれてあります。

難しいことはさて置き(難しいことは書いてありませんが)
「堀田メソード」というものをご存知でしょうか?
日本語のアクセントには抑揚(音の高低)があります。これを「わらべ歌」の音階の「ラ・ソ・ミ」の3音に乗せて歌うことにより発語につなげていくという発語音楽療法です。

私は「おそるべし堀田メソード」と呼んでいます。ことばを出せない子どもが堀田メソードの時に、口をぱくぱくさせばがら声を出そうとしているのを見た時から、これはすごいぞと思っていました。全国でイベントや講座も開かれています。ぜひ覗いてください。

http://www.hatsugo-ongaku.com/
http://www.seepa.jp/u/nihon-kotoba-ryohou-gakai/index.html
ことば療法1
堀田喜久雄先生のあいさつから始まりました

ことば療法22
親子音楽療法セッションの様子

オリンピック選手?

マット1

マット2

お外が寒いので、いつもスウィングの下に敷いているカラーマットを部屋の中でつなげて並べました。

部屋の中でも鮮やかに映えるマットの上で
みんな順番に華麗な技を披露してポーズを決めてくれました(*^_^*)

かわいいサンタ

ケン1

カトレア・サービスの合同クリスマス会が終わって
みんなが帰ったあと
小さなサンタさんが会場の片づけをしてくれました。

ありがとう(^−^)

たくさんの子どもたちに遊んでもらいたい♪

愛知県の弥富市から、感覚統合遊具の見学に来て頂きました。

放課後等デイサービスを開設しているとのことで、カトレア・サービスの子どもたちが感覚統合遊具で遊んでいる様子をお伝えするとすぐにニコニコと共感していただけました。

スウィングの揺らし方にも色いろあることや、トランポリンとプールを組み合わせた夏の水遊び、遊びの中からルールが生まれたり、子ども同士のコミュニケーションが始まるなど、実際の経験や、活動中の子どもの姿から発見したことをお話しました。

見学

お話しやその表情から、みなさん子どもが大好きなんだということが伝わって来ました。(^−^)

第30回日本感覚統合学会

看板

第30回日本感覚統合学会(京都)にて、ショップ294(カトレア・サービス)の製品を紹介しました。

実際に見て触って体験することが一番なので、来場していただいたたくさんの方に、遊具の体験をしていただきました。

体験された方の表情を見てみると…
ピラミッド」に登ってその登りやすさに「びっくり!」
トランポリン」で跳ねて、そのリバウンドの大きさに「わくわく!」
スウィング」で揺れてその安心感や気持ち良さに「にこにこ!」、
…と、製品の良さがすぐに伝わったようでした。

私は商品がしゃべらない部分を少し補って(^o^)、目的別の「トランポリン」の構造の違いや、不器用な子どもが「ピラミッド」を使用するため考えられた工夫や効果、遊具を屋外で使用する場合の注意事項などを説明しました。

併せて展示を行った「発語音楽教材」や聴覚過敏の方に使用する「イヤーマフ」にもたいへん関心が集まり、
用意した「あっちゃんあがつく」のCDは完売してしまいました。
あっちゃん パネル

スウィング
あそぼう工房とショップ294でたくさんの遊具を展示。

りん
そして気がつくと展示会場は、学会に来ていた男の子の
遊園地と化していました…*^_^*

金魚すくい

金魚1

金魚2

金魚4

今日は寒いので、トランポリンとスウィングは早めに切り上げ室内で「金魚すくい♪」
カラフルな金魚をすくおうと必死です(^o^)/

楽しい遊びが子どもたちの集中力を高めます。

夢中になってズボンがさがってます…

大好きなトランポリンで遊ぶため『やってほしい』の思いを
「やって」と言うことばにつなげていった夏。

秋になった今。
両手を広げて「〇〇さん。 やってください。」
になってるんです。

大好きな遊びをすることで
ことばの芽がいっぱい膨らんで、咲いていきます(^−^)

ka2

ページトップへ